【福岡 北九州】大正時代の街並みと焼きカレーで人気な『門司港レトロ』とその周辺を一日満喫!!

九州の玄関口として知られる『門司港』

かつて、明治時代から戦前にかけて、横浜・神戸に並ぶ国際貿易港だった事と、本州と九州を結ぶ船の発着地という役割を果たしていた背景がある為、多くの人が集まり栄えた港町でした。

現在も「門司港駅」「三井倶楽部」など、国の重要文化財として建造物が残されており、レトロな雰囲気が漂う港町は、年間200万人もの観光客が訪れる人気観光地!!

この歴史ある港町とその周辺を、レポートしていきたいと思います♬

『バナナの叩き売り』発祥の地

門司港がバナナの叩き売りの発祥の地??
何となく意外に感じ、調べてみたら・・

国際貿易港として栄えていた頃、当時日本領だった台湾からのバナナの輸入地点になっていた門司港で、流通の過程で熟れが早かったり、傷んでいたバナナは商品価値が下がるので、港で売り切るために露店で「競り売り」が行われていたのが始まりとの事!!

バナナの叩き売りは、輸送技術が進むにつれ廃れていきましたが、日本遺産の構成文化財に認定されており、後世に伝授するための『門司港バナナ塾』というのもあるそです!!

たまに駅前で、バナナの叩き売りの実演が行われているので、面白い口上で売る姿は見ものですよ♬

『焼きカレー』発祥の地

焼きカレーの発祥の地でもある門司港は、日本屈指の「焼きカレー激戦区」!!

もともと洋食文化がいち早く発達した事もあり、西洋風である「ハイカラメニュー」が手軽に家庭でも味わえるようになっていた門司港。

カレーが日本に広まったのは、明治初期なので土地柄とはあまり関係無いのかな??と思っていますが、

発祥は、昭和30年代、とある喫茶店で常連客に土鍋でカレーをオーブンでドリア風に焼いて提供したところ、高評価で人気になったのがキッカケと言われております!!

門司港名物なので人気店が多い♬
各店舗によってシーフード系やビーフ系や、バナナが入った焼きカレーのお店も!!普通のカレーよりも水分が飛んでコクがあり香ばしく美味しいく、Akikuroスタッフみんな門司の焼きカレー大好きですっ♪

門司港 地ビール工房

地ビールの門司港ビール!!

門司港地ビール工房は、少量生産な分、新鮮で活きたビールが楽しめると人気のご当地ビール!!ビアレストランも食べログ評価が高く人気のお店♬

瓶ビールだけの販売もしているので、潮風に打たれ関門海峡を眺めながら飲むビールの旨味格別に美味しい♬♬ ビールの味があまり分からない私ですが汗は、そこまで美味しくないなら

海峡プラザ

海峡プラザは、様々なお店が集まる複合施設で、オルゴールミュージアムだったり、

その他にも、「トリックアート」や「お土産」屋さんなど!!飲食店や雑貨屋さんもあるので、ぶらっと歩いて覗いてみたら楽しいですよ♬

恋人の聖地『ブルーウィングもじ』

こちらの橋は、歩行者専用のはね橋「恋人の聖地」に認定されいてカップルで渡ると幸せになれると言われています。橋が閉じて最初に渡ったカップルは一生結ばれると言われ

大正感溢れる門司港駅

現存する駅舎としては、東京駅と並ぶ貴重な歴史的建造物で、昭和63(1988)年には鉄道の駅として全国で初めて国の重要文化財に指定されました。

どこか懐かしい、雰囲気のあるレトロなプラットホーム♬

お洒落なスターバックス

駅の改札を出ると、レトロな空間のスターバックスが♬

昔の三等車用の待合室の空間にスターバックスのお店があります!!

ちなみに日本に初めてスターバックスのお店が出来たのは、1996年に東京の銀座にオープンしたのが日本の1号店ですよー♪

めかり公園 (第2展望台)の夜景

めかり公園にある第2展望台からは、関門海峡が!!
こちらは車で行ける為、夜のドライブスポットとしても人気の展望台♬

門司港の方もライトアップが綺麗!!夜のデートスポットで人気ですね!!

その他に・・

門司港から下関までは、車が無くても、フェリーやレンタル自転車を利用すると手軽に移動する事が可能です!!

  • 唐戸市場
  • カラッと横丁
  • 巌流島

下関側にある観光名所も人気なので、合わせて行ってみると一日満喫できますね♬ 今回は下関側に行く時間がなかったので、また行った時に、こちらのページに掲載を随時更新させて頂きますのでお楽しみに♪